借りられない方

消費者金融でお金を借りるのが難しい方もいます。

生活資金となるので、冠婚葬祭などと違い、今回お金を工面したら、当分の間必要ないというお金ではなく、毎月必要となるお金です。

そのために、慢性的にお金がないような方は、消費者金融で借りるべきではないでしょう。借金ばかり作って、そのうち返済できなくなる可能性があります。

その前に借り入れが難しくなるでしょう。また総量規制という制度があるので、すでに年収の3分の1までお金を借りた方も、借りるのは難しいです。

すでに他社で借りており、延滞などをしており支払いが遅れている方、または債務整理をしている方も、借りるのは厳しいです。

生活費が足りないというのであれば、まずは生活の見直しが必要となるでしょう。ましてやそれが慢性的に足りないとなると、破産する可能性も高まります。収入を増やすか支出を減らすこととなり、増やすというのは容易ではないために、多くの方は支出を減らすことを考えるでしょう。

まずは、食費や雑費、固定費などを減らすことを考えて見ます。もしもどうしても生活費が足りない状況が続くようであれば、消費者金融での借り入れ以外にも、国の公的制度を考える必要があるかもしれません。

消費者金融での借り方